MENU

エラスチンと肌のたるみの関係

エラスチンは、肌のたるみと大きく関係しています。

 

それというのも、エラスチンはコラーゲンの網目状の部分をスプリングのように巻きついて存在しているからです。

 

エラスチンには、弾力性の性質があり、コラーゲンを支える働きがあります。

 

肌のハリや弾力性を維持する効果があるので、不足すると肌がたるむことになります。

 

肌は本来、弾力性を維持しているのですが、紫外線にさらされると、エラスチンの弾力性が失われます。

 

硬くなって、弾力性が低下するので、結果的に、たるみを固定化させてしまうのです。

 

肌におけるエラスチンの含有量は20代後半をピークに減少するので、加齢により肌はたるんできます。

 

コラーゲンと同様、40代を過ぎるとエラスチンは急激に減少し、肌のたるみなどの肌トラブルを引き起こすことになります。

 

若い時分は、肌はみずみずしくて、ハリや弾力があります。

 

しかし、40代を過ぎると肌のハリや弾力がなくなってきます。

 

肌がたるむのは、加齢によって、エラスチンが減少するからです。

 

エラスチンが減少すると、伸縮性が鈍くなって肌のたるみが生じます。