MENU

コラーゲンとエラスチンの関係

コラーゲンとエラスチンの関係は、切っても切れないものがあります。

 

エラスチンは、コラーゲンと同様、肌の弾力を作る働きがあります。

 

単独では機能せず、コラーゲンにコイル状に巻きつくことで、コラーゲンと共に効果を発揮するようになっています。

 

コラーゲンはエラスチンと結びつかなければ単独では機能を維持することができない性質があり、エラスチンもコラーゲンに支えられなければ働くことができないのです。

 

つまり、両者は蜜月の関係にあるわけです。

 

共に、加齢や紫外線によって減少します。

 

エラスチンは、真皮の約2〜5%を占めていて、コラーゲン繊維を結び付ける役割があります。

 

皮膚の中でエラスチンは、コラーゲンをまとめる役割があり、その隙間にヒアルロン酸があって、皮膚のハリと弾力を保つことをサポートしています。

 

人体に大切な役割を果たすエラスチンは、コラーゲンと同様、加齢とともにその量は減少します。

 

皮膚の中では、コラーゲンの生成とエラスチンの生成には密接な関係があり、コラーゲンの代謝が活発であれば、エラスチンも生成されるようになっています。